よくある質問

よくある質問

薬用ポリエステルボトルの材質特徴


薬用ポリエステル(PET)ボトル原料ポリオールとポリ酸を縮重合したポリマーの総称。主にポリエチレンテレフタレート(PET)を指し、習慣的にはポリブチレンテレフタレート(PBT)とポリアリレートなどの線型熱可塑性樹脂も含まれ、主な応用性能指標は:特性粘度(IV)は70~85 ml/gに制御し、薬用ペットボトルに比較的高い機械強度と透明性を持たせるべき、容積の大きい(2リットルより大きい)瓶体に用いられ、ポリエステル原料の特性粘度は70〜75 ml/gであることが選択された。射出ブロー成形薬用小容積ボトルは、より高い特性粘度指標の材料を優先的に用いて生産することが望ましい。原材料品種の選択が正しいかどうかは、生産プロセスの成形プロセスパラメータの選択と瓶体の品質状況の優劣に関係する。
薬用ポリエステルボトルを製造する際には、原料の特性粘度、結晶化温度、冷却速度及び配向効果などのプロセスデータが特に重要である。これはポリエステル材料が結晶性ポリマーであり、結晶化速度が6μm/min(max)。すなわち、プロセスによって結晶化温度と冷却速度などの条件を制御し、ポリエステルボトルを非結晶性または結晶性にし、結晶の種類と数量を変えることができる。ポリエステルに要求される結晶性は一般的に30%前後である。ガラス転移温度よりやや高い温度または融点よりやや低い温度では、ポリエステルの結晶化速度は小さく、結晶化には長い時間がかかり、175℃前後の温度では結晶化時間はずっと短い。要するに、加熱だけでポリエステルを結晶化させ、その結晶化過程が遅く、結晶粒の大きい球状結晶を形成する可能性があり、これは光を屈折させ、製品を白色にし、脆性が大きい。さらに、ポリエステルの結晶化速度は、IVの向上に伴って低下する。配向はポリエステル分子を秩序正しく配列させ、結晶化を促進することができ、形成された結晶は歪誘導結晶と呼ばれ、その結晶粒は小さく、光を屈折させないため、配向ポリエステル製品は透明である。配向部分が結晶化したポリエステル試料を熱定形処理し、さらに結晶化させると、試料は透明のままであった。

もっと知りたいかもしれません

業務連絡

所在地: 江蘇省如皋(ジョコウ)経済開発区
電話:0086-513-87271318
ファクシミリ: 0086-513-87610877
メール:Info@ntxinde.com alex@ntxinde.com
携帯電話:0086-13962760019
連絡先:周さん

私たちに伝言を残す

モバイル版

©2023南通鑫徳医薬包装材料有限会社